CG映像科 ブログ(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ CGラボ CG映像科

CG映像科blog

2007年01月30日 締切りは明日!(CG系/蒲田)

070130




070130-2

 

 

 



明日は卒業制作の最終締切日です!

放課後開放で遅くまで残って、皆制作に励んでいます!
追い込みだぞ!がんばれー!

それから、第1回学科内パネルコンテストの締切りも明日です。

まだ提出作品が少ないようなので、入賞のチャンスが…?!
後日、優秀作品をこちらでも発表したいと思います。

(担当・さいとう

n-68029968 at 10:59 | この記事のURL | |

2007年01月29日 SONAR授業 おたまじゃくしを操って。(CG系/八王子)

CG科一年生のSONAR授業の様子です。
SONARって何!?と思われた方へ、SONARとは
音楽作成ソフトです。
また、効果音なども作成することができます。

今日はSONARを使っての音楽作りです

SONARでの音楽作りにはいくつかの方法があります。

・フリー音源を使用しての作成
・生楽器やボーカルを録音しての制作
・MIDIと言われるソフトウェア音源を使用しての作成
などです。

今回はその中のMIDIを使用して音楽を制作しました。
MIDIでの制作に慣れるため、こちらで用意した楽譜を見ながら
制作開始

音楽制作







以前にも何回かSONARの授業を行っているのでツール操作は順調な様です。
しかし慣れない音符に悪戦苦闘
全音符に四分音符。ト音記号にヘ音記号と、設定を変えながら最後まで
音楽の制作に奮闘しました。

SONARが使えれば、自分の作品に音楽や効果音を付けれるように!!

音楽や効果音は作品の印象を上げるための一要素なので、
しっかり学んでおこう!

(担当:菊地)

n-68029968 at 16:51 | この記事のURL | |

2007年01月25日 2年生動画グループ制作講評会(CG系/八王子)

約二ヶ月かけて制作してきたCG科三年間制の二年生のグループ動画作品が
完成しました!!
そして、昨日はその講評会を後輩のCG科一年生を招いて行いました。

講評1

自分たちの作品のプレゼンテーションを行い、作品のコンセプトやストーリー、
頑張ったところなどを説明した後、大型スクリーンに上映!

講評3講評2






キャラクターデザインや世界観の
イメージボードや、絵コンテなどの
制作に使用した資料なども利用して
プレゼンを行っています。



講評4

一年生の前でのプレゼンはとても緊張するみたいで、声が小さくなってしまう学生もいました。しかし、社会に出てからもプレゼンをする機会は必ずあるので、今のうちに慣れておいたほうが良いかもね。

先生方の講評では、「作品を観てもストーリーが伝わってこない」と言う意見も聞こえてきました。そのほか、BGMや効果音、アニメーションやストリー構成などいくつもの修正すべき箇所を次々に指摘して、この後一週間の手直し期間に向けてのアドバイスを頂きました。

総勢6人の先生方の講評は作品のクオリティーUpのための情報が満載だったので、
残りの期間でぜひ今よりクオリティーの高い作品になるように目指してください。

一年生は、先輩たちの作品やプレゼンをよく見て、そして、先生方が作品に対して
指摘したことを良く聞き、自分の課題やグループ課題を行う時の参考にして下さい。

(担当:菊地)


n-68029968 at 16:19 | この記事のURL | |

2006年12月20日 自己PR映像の講評(CG系/八王子)

先日、以前にもblogに載せた実写課題「自己PR映像」の
講評を行いました。

シュールなものからグラフィカルなものまで
個性あふれる作品が揃っていてとても面白いものとなりました。

講評









先生の講評を受け、手直してさらに良い作品に仕上げてください。

この授業以外にも課題が出ているために、制作時間の割り振りが
大変だったと思いますが、お疲れ様。
しかし、作品を完成させられなかった学生も多数いて、
ちょっと残念でなりません。

次回は必ず提出期限に間に合わせて作業をするようにしましょう!

(担当:菊地)



n-68029968 at 10:3 | この記事のURL | |

2006年12月12日 共同制作の真っ最中!(CG/八王子)

現在CG科三年間制の二年生は始めての共同制作(CG動画)を行っています。
企画から作業分担、スケジュール管理などをメンバー全員で
行うため、なかなか思うように行かない状態です。

「班員が来てないんです」とか「企画がまとまりません」という
声も聞こえてきます。
(短期間で行う制作なので、時間のロスはかなり痛い)

メンバーの意見が合わなかったり、スキルの違いなどから
制作が思うように行かず苦戦しているようでが、上手くいかないのは
仕方のないこと。(だからと言って開き直ってはダメ!)

自分の考えをはっきり伝えることも大事だけど、それ以上に
周りの意見を聞くのも重要で、時には自分の考え方を変えなければ
ならない場面にも出くわします。
しかし、そこでめげずに思いっきり苦戦してください。
そこから学ぶことが必ずあるから!

製作中









今回の課題で共同制作の難しさを学び、それを今後の制作や
就職してから生かせるように、作品が完成するまで班員一丸となって
頑張ってください。

(担当:菊地)



n-68029968 at 10:33 | この記事のURL | |