CG映像科 ブログ(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ CGラボ CG映像科

CG映像科blog

2018年06月20日 【八王子校】文化庁メディア芸術祭

こんにちは、八王子校、CG映像科です

6月15日、1年生は校外実習で東京・六本木の国立新美術館で開催中の
『文化庁メディア芸術祭』見学に行ってきました。
キャプチャ01

今年で21回目を迎える文化庁メディア芸術祭は、平成9年度(1997年)の開催以来、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門の受賞作品の展示と上映を行っています。

今年は沢山のVR作品を体験出来ました!
キャプチャ03

キャプチャ05

キャプチャ
キャプチャ04
キャプチャ02

インスタレーションなど体験型の作品も多数あり、学生さんも新しい表現スタイルの可能性を感じたようです。


担当:兼松

n-68029968 at 9:37 | この記事のURL | |

2018年06月19日 【蒲田校】オーディションはじまりました

こんにちは
蒲田校、CG映像科です!


只今、2年生は絶賛グループ制作中です

今日はオーディションが行われるということでお邪魔してきました

声優・演劇科とはコラボさせていただくことが多く、
ミュージックアーティスト科に劇伴を依頼しているグループもいます。

DSC_0003


DSC_0010

緊張した面持ちで企画のプレゼンテーションをし、
練習時間を設けていよいよオーディション開始です!


DSC_0017

初めて見る学生の演技に魅了されつつ選考していきます。

これからの撮影に期待です


ではでは
CG映像科でした〜

n-68029968 at 16:0 | この記事のURL | |

2018年06月18日 【告知】2018年度学生作品プレゼン・講評会が行われます

こんにちは!
八王子校、CG映像科です

今回の記事は7月10日に行われる学生作品プレゼン・講評会の告知を行います!

学生プレゼン講評会2018

『企業ブースを学生が訪ねる』企業説明会のスタイルとは真逆の、『学生が構えたブースを企業の方々が訪れる』就活イベントです。
学生が自分を売り込むかたちになるので、クリエイター志向の学生ならではの就職イベントといえます!
もちろん企業様とのお話や名刺交換を経て、そこから採用に繋がることもありますよ!

前回のプレゼン・講評会の様子はこちらです。
今年度の様子も後日このブログにて報告しますので、お楽しみに!


企業様のお申し込みはキャリアサポートセンターまでご連絡ください。
TEL:042-637-3159


n-68029968 at 16:21 | この記事のURL | |

2018年06月15日 【八王子校】新一年生との交流会!!

こんにちは!
八王子校、CG映像科です。


毎年恒例の新一年生との交流会が今年も開催されました!

1


今年も一年生から三年生まで、沢山の学生さんが参加してくれました。

新一年生は例年にも増して元気があって、とてもにぎやかでしたね!

今回も厚生棟の食堂を使って、お題にそって自由に語ってもらいました。


3
東北、北海道の地区からきたグループ


最初は出身地域で分かれてもらい、そのあとは趣味、やってみたい事など、時間毎に異なるテーマに分かれて、各自交流を深めていきました。

クラスメイト、先輩や後輩と絆を深められたのではないでしょうか!

2
マンガが好きなグループ

4
映画、ドラマに興味があるグループ

テーマに分かれた交流には先生方も参加してくださいました!
談笑して終わるのも楽しいですが、これを機に今後のグループ制作のメンバーや、同じ目標や意志をもつ競争相手を見つける人もいたのではないでしょうか。

以上、CG科補助員でした!

n-68029968 at 13:43 | この記事のURL | |

2018年06月13日 【蒲田校】NUKEセミナーに参加!

こんにちは
蒲田校、CG映像科です!


2018
4月より絶賛上映中の映画「いぬやしき」を題材に、
CGディレクターを担当された(株)デジタル・フロンティア 土井 淳さんより実際のVFXメイキング映像を見ながらCG/VFXの制作過程をお話し頂きました。

英国からは、Double Negative (DNEG) コンポジティング スーパーバイザー Raphael Hammさんが、ご自身の最新作における合成技術についてご解説頂きました。

ファウンドリ英国本社からコンポジティング/フィニッシング クリエイティブ プロダクトマネージャー Juan Salazar 様が来日して、NUKE製品の最新アップデート情報をご紹介されました。


Raphael Hamm

Double Negative (DNEG)
コンポジティング スーパーバイザー

Hamm氏はドイツ、ルートウィヒスブルクのFilmakadieVFXを学び、1990年代の終わりにドイツ国内のTVVFX制作会社でキャリアをスタート。
2009年にDNEGのコンポジティング チームに加わり、現在にいたる。
2015年、『インターステラー』で全米視覚効果協会主催のVESアワードの最優秀合成賞にノミネート。
主な作品に、
『ハリー・ポッターと死の秘宝 』 PART1PART2
『ダークナイト ライジング』
『トータル・リコール』
『マン・オブ・スティール』
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』
『インターステラー』、『パディントン』
『ターミネーター : 新起動 / ジェニシス』
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
『ジャスティス・リーグ』
『ダンケルク』がある。
0613_02



ではでは
蒲田校CG映像科でした〜


n-68029968 at 18:8 | この記事のURL | |