CG映像科 ブログ 個別記事(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ CG映像科

「日本沈没」メイキング特別講座(CG系/八王子)

2006年09月10日 「日本沈没」メイキング特別講座(CG系/八王子)

今日は公開中の映画「日本沈没」でVFXを担当した、モーターライズの佐藤さんと
マリンポストの田中さんによるメイキング特別講座が開かれました。
(旬な映画の裏話が聞けるなんてうれしいですね)
それと、CG制作系の体験入学にいらした方々にも見学して頂きました。

日本沈没01







(今日いらした方はラッキーでしたね!)

この「日本沈没」は1973年に映画化された物を、33年ぶりにリメイクした作品で、
この間に進歩したCG技術を使用してさらに迫力のある作品に仕上がっています。

「年々コンピュータの性能が向上しているので、短期間でCG映像が作れると思われている。
しかし、高いクオリティーが求められるために、従来より多い素材を合成していくので
1カットを作り上げる制作時間は今までとほとんど変わらない」との事です。

日本沈没02







さらに、「この作品にはあまりCGを使っていないんですよ」と、意外な発言も!
フルCGで作られていると思っていた六本木が沈没する場面、
実は「森ビル」のみが3DCGでつくられているそうです。
それ以外は一枚の撮影された写真を切り刻んで、個々にアニメーションを付け、
煙などの実写素材を合成してできているとの事!
他にもミニチュアを撮影し、それに人間を合成して
緊迫した場面を作り上げられていたりと、高い合成技術にとても驚かされました。

日本沈没03









質疑応答では学生の質問に丁寧にお答えいただいたり、お二人の軽快なトークで
会場に笑いが起きたりして、とてもよい雰囲気のまま終了となりました。
1時間の予定で進行していた特別講座がとても短く感じました。

卒業期の学生や一・二年生たちにもいい刺激になったと思います。

今日は特別講座ありがとうございました。

(担当:菊地)

n-68029968 at 16:18 | この記事のURL | |