CG映像科 ブログ 個別記事(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ CG映像科

VFX(視覚効果)の授業(八王子)

2008年06月26日 VFX(視覚効果)の授業(八王子)

こんにちは、八王子校CG科です。

現在、八王子校の2年生は「CGアニメ班」「ゲームCG班」「VFX班」
の3班に分かれているのですが、今日はその中のVFX(視覚効果)班の
授業について紹介します。


VFX班ではいま「実写合成」の授業が行われていて、
4〜5人のグループに分かれて映像作品を制作しています。
グループ内で脚本、絵コンテ、撮影、CG制作、合成の各工程を分担し、
さらには役者として作品に出演までしてしまうという、
普段のCG実習とは少し違ったたいへん楽しい授業です。


kikaku1satsuei1







             企画の様子                 撮影中


今回の制作の最大のポイントは「ブルーバック撮影」と言って
写真のようにスタジオ内に青い布を大きく広げ、役者はその前で演技をします。
そうして撮影した素材をパソコンに取り込んで、合成用ソフトを使うと
青い部分を透明にすることができるのです。
あとはその透明になった部分にCGのキャラクターや背景を合成するというわけです。
ちなみに八王子校にはとてもいい合成用のカメラがありますのでこの透明部分を
きれいにくっきりと出すことができます。
市販されているDVカメラとは驚くほど違います。


satsuei2















撮影はどのチームもとても楽しそうに、かつ真剣に行っていました。
なんといっても監督やカメラマン、役者もグループ内で分担してますので
少しでもイメージと違う映像になると、
細かい演技の指示を出したりカメラのアングルや照明の当たり方を変えるなど
すぐに修正点を洗い出すことが可能なのです。


スポーツ用品や化粧品のCM、ホラーハウスのコメディームービー、
飛び出す絵本の物語に近未来的ファンタジーなどなど
各グループとも非常にバラエティー豊かです。
撮影した素材がCGと合成されてどんな映像ができるのか、とても楽しみですね。

                                                               (担当/鈴木)

n-68029968 at 12:5 | この記事のURL | |