CG映像科 ブログ 個別記事(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ CG映像科

CG科の日常 その1(蒲田)

2009年10月14日 CG科の日常 その1(蒲田)

どうも、蒲田校です。

読者の皆さんの中には少なからずCG科を興味をもたれている方がいるかと思います。

CG科のブログではイベントや特別講義についてレポートしてきたのですが、ではCG科の日常はどうなの!?という疑問に答えるべく、今回は普段の授業は何をしているか、ということにスポットをあてていきたいなと思います。

 

さあ、今回紹介するのは一年生の授業。時期的にはCGの基本操作に慣れ、少しずつ応用へと向かう頃です。

 


そんな一年生後期の授業を少し紹介します。

 

今日紹介するのは3DCGの授業。内容は"簡単に建物をつくる"というもの。

 

一般的に3DCGでは、まずモデリングと呼ばれる形をつくる作業をしていきます。

 

楽しいですが、なかなか骨の折れる作業でして、しかも作りこめば作りこむほどデータが大きくなってしまう。

 

データが大きくなると、例えばゲームをつくる際に素材として使えなかったり、最悪データが開かなくなったり・・・そんな惨劇を起こさないよう、最低限のモデリングで建物をつくってしまえば良いのです。

 

 


tatemono5

用意してもらうのは、こんな円柱のような物体。

これはボタンひとつでパっとだすことができます・・・そして・・・・

 

以上でモデリングは完成!

 

これで終わり!

 

こんなショボイものを一体どうやって建物に見せるのか・・。

 


 

 

もちろん、これじゃあ建物には見えません。

しかも今回は形をいじることは控える・・・となると残された方法はひとつ。テクスチャを貼って表現していきます。

 

テクスチャというのは、ようはこの円柱に貼る画像と考えおきましょう。

 

Window_Color

 

 

 

 

用意する画像は窓の一枚。それぞれに合わせて加工しています。

 

 

それらテクスチャを貼ってもらうことによって・・

 

tatemono3tatemono2

 

 

 

 

 

 

こんなリアルな建物ができるんです。窓の質感も反射も全てテクスチャに関する部分で表現しています。右側の普通の状態と比べてみてください。

 

 

右と左でまったく同じ形状のデータで、違うのはテクスチャだけなんです。

 

まるで魔法でもかけたかのような変貌っぷりですね。


 

 

ちなみに背景のネタばらしするとこんな感じです。

 

tatemono4

 

空に関しては一枚のアングルが合った画像一枚で表現しています。

 

 

 


 

廃墟好きの方の需要に答えるべく、錆を入れて汚れを追加していきましょう。

 

 

tatemono

 

錆の画像を貼り付け、窓ガラスを割ってみました。軍艦島にありそーな建物の完成です。

 

 


 

 

このように、3DCGで重要なのはモデリング、つまり形をとる作業だけではなく、テクスチャでも見栄えは全然変わってくるんですね。3DCG・・まだまだ奥が深いです。

 

 

担当・スターフィールド

 

n-68029968 at 11:46 | この記事のURL | |