CG映像科 ブログ 個別記事(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ CG映像科

CGアニメーターを目指す学生のための"演技の特別講義"

2011年07月22日 CGアニメーターを目指す学生のための"演技の特別講義"

蒲田CG科です。

今回特集しますのは声優・俳優科の講師の先生による演技の授業です。

パントマイムも実際にしたり、とてもアクティブな授業となりました。



IMGP0860


パントマイムと聞いて「えっパントマイムとCGってなんの関係があるの?」と思われるかもしれません。

実際問題モーションキャプチャーでなく、Maya上で作業する上では自分自身が動く必要はありません。

たとえばキャラクターで走るモーションをつくりたいとしたら・・・

3DCGのソフトでは「この時間ではこの位置、あの時間ではあの位置」といったように、数値で実際の動きというのを再現します・・。


が。


実はなかなか骨の折れる作業なのです・・。


それにやはり画面だけ見つめてるだけでは"走る"というひとつのモーションを取ってもなんとなく曖昧ものになってしまいがちです。


実はそういうときに役に立つのは、自分自身だったりします。

その場で実際に走ってみれば、腰のひねりや足の高さなど自然な動きというのがわかるはずです。これはとても良い参考資料になるのです。



しかし走る、というのはとても基本的な動きです。CGアニメーターになるには、たとえば二人のキャラクターが対立している様子・・・といったように演技をともなうシーンを作っていかねばなりません。


今回の演技の授業ではこういったように、どのように振舞えばそのキャラクターの感情を表現できるのか、ということを学んでいきます。




IMGP0874



担当の先生は熱心に演技のイロハを学生に指導します!


キャラクターというのは声や音だけでなく体でほとんどの感情を伝えられる、そう実感した授業だったかと思います。


IMGP0859


恥ずがってしまうかなと思った学生たちも、それを恐れず熱心に授業に参加していました!





ただ、普段は日陰にいるわれわれですから、翌日の筋肉痛だけには注意です。




担当☆すたふぃ

n-68029968 at 16:9 | この記事のURL | |