CG映像科 ブログ 個別記事(CG 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



蒲田 八王子 CG・VFX・ゲーム・映像業界をめざす人の情報ブログ CG映像科

卒業生インタビュー「エイティング」(八王子)

2011年11月28日 卒業生インタビュー「エイティング」(八王子)


みなさんこんにちは
最近、風邪をひかないよう頑張っていこうかと思っている補助員の山内です。
何を頑張るかはまだ検討中です

さて、今回は先日行われた株式会社エイティング会社説明会について書いていきたいと思います。
なんと今回説明に来てくれたのは卒業生の三住 匡広さんです

株式会社エイティングでの三住さんのポジションは、第1ユニット(エフェクト)のサブリーダーをやられているとのこと。

RIMG0496_s

自分がお世話になった学校に、プロのCGクリエイターとして会社の説明にくる・・・カッコいいですね
憧れてしまいます

さてさて、説明会の内容はといいますと

どういった作品を制作しているのか?
どのユニットがどういうことをしているのか?
会社の雰囲気
デッサンはどの分野においても大切!!
ポートフォリオにはどんな作品が入っていた方がいいのか?

などなど、いろんなことをお話してくれました

RIMG0493_s

学生さんからの質問にも丁寧に答えてくれて、とてもいい説明会になったのではないかと思います
学生さんもまじめに聞いていましたよ〜

RIMG0492_s

そんな三住さんに、説明会終了後いろいろと質問してみました


Q CGのお仕事、始めて感想は?

A 入社した時はモーション志望だったのですが、なぜかエフェクトに配属されまして、エフェクトって言葉は知っていても、実際何する部署なのか全くわかっていませんでした。
それでも色々なエフェクトを作るうちに、とても楽しくて仕方がなくなってしまい、上司の方々はちゃんと僕の適性を見てくれたんだなぁと思います。

Q 学生時代を振り返って、学校生活はどうでしたか?

A とても楽しかったです。卒業してから5年ほど経ちますが、今でも飲みに行くような友達も出来ましたし、学校の設備もしっかりとしていて、安心して勉強することが出来ました。

Q CG科で学んだ事で、役にたっているな〜と思う事は?

A デッサンやMayaでの制作などが役立ちました。デッサンはデザイナーなら必ず必要になる知識だったり応用の利く技術ですし、僕の働いている会社の使用ツールはMayaだったので新人研修の際、とてもスムーズに仕事を覚えることが出来ました。

Q 思い出深いエピソード(授業・友達・先生・就職活動・・・)

A 就職の内定をいただいたとき、先生方からとても祝福いただいたのを覚えています。また、先行入社で在学中から、アルバイトとして働けるようにしていただき、卒業制作そっちのけで働いた事も思い出深いですね(笑)

Q 後輩に一言

A 就職活動は自己のモチベーションに全てかかっています。周りと見比べて卑屈にならず、どんどん自分の長所を企業にアピールして行ってください。
不況の時代ですがどの企業も(もちろんエイティングも)人材を探していますし、 採用をしていきたいと考えています。その為にも、在学中に色々なことにチャレンジしてみて下さい。


いや〜、ありがたいお言葉ですね
「後輩に一言」ということは、僕自身にも当てはまることなので、しっかりやっていかないとな〜と思わずにはいられません

三住さん、どうもありがとうございました

以上補助員山内yamauchiでした
これにて交信終了



・株式会社エイティング
http://www.8ing.co.jp/index.html

n-68029968 at 11:29 | この記事のURL | |